エアコンが効かない夏の西日対策どうしてる??

今年もまた暑い夏がやってきましたね。お部屋の暑さ対策はできていますか??
室内での暑さ対策にはエアコンが欠かせませんが、年々高騰する電気代も気になります。
そこで、今回はブラインドを設置するだけのお手軽な西日対策をご紹介します。

夏の暑さの73%は窓から入ってくる!

お部屋での過ごしやすさと節電に大きく関わってくるのが「窓まわりの遮熱」。お部屋の温度を上げる日射熱の73%が窓から入るといわれています。

冷房時開口部から熱の入る割合は73%

つまり、室内が暑くなるのを防ぐには、窓まわりの遮熱性と断熱性を高めて、日射熱をお部屋に取り込まないようにすることが大切です。

アカリナfor homeシリーズ
遮熱効果No.1のリフレクト

「リフレクト」 はアカリナシリーズの中で抜群の遮熱性能を誇ります。

リフレクト独自の高い遮熱性能と反射拡散性能により優れた機能性を実現。

真夏の西日が強く、部屋が暑くてお困りの方も窓からの熱の出入りを防ぐことができれば、エアコンの効きが良くなり電気料金の節約にもなります。

また、リフレクトは室内に設置するブラインドのため、外へ取付けるサンシェードやすだれのように強風時に飛ばされる心配もありません。

西向きのお部屋で長く過ごす方、また高層マンションに住まわれている方にも人気です!

「リフレクト」は特殊な素材でできているので、太陽からの熱を反射!

一般的なアルミブラインドは熱が伝わりやすく窓全体がパネルヒーターのようになりますが、リフレクトは熱を持たない特殊素材のため、窓際と室内の奥との温度差を最小限に抑えます。

外気温度31℃の時、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合(使用時間: 9時間/日)、年間で30.24kWhの省エネになります。

※出典:経済産業省 資源エネルギー庁 省エネポータルサイト

リフレクトで室内温度の上昇を防ぎ、エアコンの設定温度を28度に保つことで節電効果が発揮されます!

また、リフレクトは節電効果が高いことから、
企業のオフィスや、公共施設等に数多く導入されています!

こんなお悩みありませんか??

お悩み1:西日対策でお部屋が真っ暗に!

我慢できないほどお部屋の温度が上昇し「暑い」「エアコンの効きが悪い」と昼間からシャッター や 遮光カーテンを閉めていたりしていませんか??

カーテンを閉めて日差しを遮ると、室内が暗くなる

室温上昇を抑えようと、ブラインドやカーテンを閉め切ってしまうと日中でもお部屋は真っ暗。外は明るいのにカーテンを閉めて一日中照明をつけて過ごしては余分な電気が必要となります。

それでは、夏の日中も適度な明るさを保つためには、どうすればいいのでしょうか。

お悩み2:強風の日が心配

外付けオーニングのデメリット

最近では外付けのロールスクリーンやサンシェード、すだれ等もありますが、窓の外に付けるタイプは強風の日にバタついて大きな音が出たり、紐が切れたりと、マンションやアパートだと飛ばされてしまいそうで、特に心配です。

ブラインドを付けるだけで、すぐに実感できるリフレクト 

日射熱 84.6%カット

窓へ設置すれば  “すぐ”  に実感できる 驚きの遮熱効果! なんと日射熱を84%もカットし、夏季のエアコン電気使用量を減らすことが可能です。小さなお子さまやペットがいて、1日中冷房をつけているご家庭に最適です。

また、窓を通してお部屋側に放出される熱量 (日射熱取得率※1)が0.17ηA※2。この数値は低いほど室内の温度上昇を防ぎエアコンが効きやすくなります。

特に日差しの強い窓、西面の窓、西日対策にオススメです。

※1 日射熱取得率とは、窓ガラスに「入射した日射量」に対する「透過した日射量」および窓ガラスの割合「入射した日射熱が室内側に放出される熱量」を示します。
※2 ヨコ型の場合。2022年7月一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 福井試験センターの試験結果

■ UVカット99.9%

リフレクトは、窓を通して入ってくる有害な紫外線(UV-A)や、日焼け・皮膚がんの原因となる(UV-B)を99.9%※ カット。大切な家具や床、お肌も日焼けから守ります。なお、UVカット機能が付いていない窓ガラスでも、アカリナで紫外線対策が可能になります。

※ 2022年7月 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 福井試験センターの試験結果

■ 夜も見えない

外から透けることなく、光を採り込み室内を明るく保つことが可能なアカリナ。夜間室内の照明をつけても外から透けて見えることはないため、一日中安心してお過ごしいただけます。

■ 適度な明るさ

閉めてほんのり明るく、開けてしっかり明るい

採光率5.5%のリフレクトはブラインドを閉めていても、シャッターや、遮光カーテンを閉め切ったような  ”まっくら”  にはなりません。ブラインドを完全に閉じれば西日のギラギラとした光だけをブロックし、程よく抑えられた「明るさ」を保つことが可能です。

お部屋を明るくしたい時には…。

お部屋を明るくしたいな、という時にはスラット(はね)を少し回転させることでリフレクトの強力な反射の力で、外の光を採り込みお部屋を明るくすることが可能です。

スラット開閉の比較

ワークスペースにも最適!

リフレクト使用の部屋

今やオフィスに行かなくとも自宅で仕事をする「在宅勤務」が増えつつあります。そんな在宅勤務をするうえで、家でのワークスペースを整えておくのも大切なポイントです。

書斎にレースカーテンはしているものの、パソコン作業をするのには窓からの光が明るすぎる、机の近くでカーテンがもたつきうっとうしい、ドレープカーテン(厚手のカーテン)を閉めて朝から室内の照明をつけている、ということはないでしょうか??

お部屋の明るさ調整が難しく、自宅での長時間のパソコン作業で目が疲れたり、ストレスとなるようでは在宅ワークも思うように進みません。アカリナ for home リフレクトなら質の良い、ほど良い光で最高のワークスペースが叶います!

遮熱効果の高い「リフレクト」で 今年こそ暑い夏を快適に過ごしましょう!

西日対策のできる遮熱ブラインド

Shopping guide

Follow me!

SNSをフォローして最新情報をチェック

サンプルを無料でお届けいたします。
閉じる